自治医科大学と杏林大学の医学部の学費について

進路を医学部に決めた友人に誘われて

公立高校1年生の時に進路を医者に決めた友人に誘われて杏林大学医学部のオープンキャンパスについて行き、体験授業を受けているうちに私も医者になるのに興味を持ちました。
大学は友達と一緒に杏林に行きたいと思いながら帰宅して、入学後の学生生活が書かれているパンフレットに書かれた入学金や初年度の諸経費の約600万円と卒業までに掛かる学費の総計が3000万円近く掛かる事を知り、一度はうちの経済状態じゃ無理だと諦めました。
公立高校の先生に、そのことを話したら、国立や県立などの公立なら授業料も安いし、お金がないなら一切学費が掛からないどころか、逆に進学準備金までくれる自治医科大学もあるよとすすめられました。
先生の言った事を信じない訳では無かったけど、まさか学費タダでお金までくれる大学があるのを信じられずに自宅に帰って、PCのネットで自治医科大学を調べたら、ほとんど間違えじゃなかったけどちょっと違いました。

進路を医学部に決めた友人に誘われて自治医科大学の学費制度改めてこの大学を選んで良かった